忍者ブログ
♪ご訪問ありがとうございます♪ 日々のできごとを、のほほん。。。と書いてます
 1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スーパーで生もずくを見つけたので
一度食べたみたかった「もずくの天ぷら」を作ってみた。


材料は、もずく100gだと
山芋100g、卵1個、小麦粉60g、
顆粒だしと塩はお好みの量で入れてください。
(私は顆粒だしを小さじ半分と塩はふたつまみほど入れました)

ボールに、卵、塩、顆粒だしを加えて混ぜ合わせる。
小麦粉を少しずつ加えながら混ぜ、
すりおろした山芋、もずくを加えさらによく混ぜ合わせる。


後は、カラリと揚げるだけ。
スプーンなどでお好みの量の生地を落とし入れてくださいね。

もずくの天ぷらの出来上がり


これは、美味しい

カリッとした表面、山芋が入っているので中はふわふわ。
もずくのシャキシャキとした食感もいい感じ。

こんなに美味しいなら、また作っちゃおうかな

でも、生のもずくってあんまり見かけないんだよなぁ




ブログランキングに参加しています。
ポチッ!と応援お願いします

 

PR
モラタメさんで当選したワイン
なーんにも用事のないお休みの日に
ふたりで映画を見ながら、昼間からワイン片手に
ご機嫌な時間を過ごしました

当たった商品はこちら

サントリーワインインターナショナル株式会社
ビニャ マイポ カベルネ・ソーヴィニヨン/メルロ
ビニャ マイポ ソーヴィニヨン・ブラン/シャルドネ
 
なんだか面白いネーミングに、名前の秘密が気になる。

ビニャとは、スペイン語で「ぶどう畑」。
マイポというのは地名で、チリの先住民マプチェ族の言葉で
「耕された大地」という意味を持っているそうです。

このネーミングから
美味しいぶどうから生まれたワインだぞぉー
っていうのがビシビシ伝わってきますよね
大好きなチリ産ワインなので期待大

チリワインは、リーズナブルで飲みやすく
構えずに気軽に飲めるのがいいですよね

白は野菜に合うと書いてあったので、
こんなものを作ってみました。
 
真ん中にあるのは、明太子チーズディップ
にんじん、キューり、ポテトチップなどをつけて頂きます。

明太子のピリッとした辛さと、
チーズのコクが生野菜とよく合います。
 
ディップの作り方は超簡単

材料(2人分)
ピザ用チーズ:100g   からし明太子:1/2腹
マヨネーズ:大さじ1

作り方
①からし明太子は薄皮を取ってほぐす。
②耐熱容器にピザ用チーズを入れてラップをし、
電子レンジ(600W)に約1分30秒間かける。
③チンしてとろけたチーズに①のからし明太子、
マヨネーズを混ぜ合わせる。

たったこれだけなんですよ。簡単でしょ
濃厚なソースに、野菜もモリモリ食べられます。

おつまみが出来たら
まずは、白ワインでカンパ~~イ
( ^^)/▼☆▼\(^^ )チン♪

とってもフルーティ
甘過ぎず、爽やかな酸味が料理に合う

おつまみもワインもすすみます。
えーーい、
赤もいっちゃえーーー(笑)

赤ワインなら、やっぱりチーズだよね~


デパ地下で見つけたブルーチーズをつまみに
またまた、カンパ~~イ∀(≧∇≦)

クセのある青カビチーズと赤ワインの相性はサイコー
 
ミディアムボディなのでまろやかな口当たりですが
風味豊かなぶどうの酸味が、濃厚なチーズを食べた後の
口の中を爽やかにしてくれます。

美味しいおつまみとワイン。
お休みの昼間っから、映画を見ながら
( ̄▽ ̄)。o0○ ポワ~ン

あぁ。。。
なんて幸せな時間なんでしょ

モラタメさん、サントリーさま、ありがとうございました。

でも、飲み過ぎちゃって映画の内容覚えてませ~ん(笑)
翌日もう一度見直しました




ブログランキングに参加しています。
ポチッ!と応援お願いします

 
新たまねぎの季節ですね。
私は甘くてジューシーな新たまねぎが大好きなんです

今回はこの新たまねぎを使って、おつまみや
ごはんのおかずにもなる、超簡単レシピをご紹介
 

材料(2人前)
新たまねぎ:2個   青ネギ又は大葉:少量
〈肉みそ〉
豚肉ミンチ:100g   しょうが(みじん切り):半かけ
みそ:大さじ1  砂糖:大さじ1  酒:大さじ2  醤油:少々

作り方
①たまねぎは8等分に切り目をいれ、皿の上にのせて
ラップをかけて電子レンジ(500w)で2~3分加熱します。

②鍋に〈肉みそ〉の材料を入れ混ぜながら加熱する。
この時、①の蒸し汁があれば加えるといいですよ。

③加熱したたまねぎを花形に開き、肉みそと
青ネギや大葉をのせます。



生姜の効いた肉みそと、甘い新たまねぎがとっても合います。

たまねぎはレンジでチンするだけなので
調理時間も短く、忙しい時にもお勧めです



ブログランキングに参加しています。
ポチッ!と応援お願いします

皆さん、連休を楽しんでますかぁ~?

私は何の予定もなくしっかり家ごはんしてます
スーパーで生のホタルイカを発見

 
サッと茹でて辛子酢味噌で食べるのもお勧めだけど
パスタも最高に美味しいですよ

一緒に使う野菜はアスパラ、菜の花などがお勧めですが
今回はインゲン豆を使用。

ホタルイカは目と透明な骨を取ってサッと水洗いし、
水気を切っておきます。
フライパンにオリーブ油、ニンニクを入れ弱めの中火にかけ、
ニンニクの香りが立ってきたら粗くきざんだアンチョビ、インゲン豆、
ホタルイカを加え、火が通ったら茹でたパスタを投入。
味付けはほとんどなしてOKですが、様子をみて塩を加えてください。
最後に大葉をのせたらできあがり。

 
ぷりぷりのホタルイカと甘いワタが濃厚で
とってもコクのあるパスタはうまうまでお勧め

生のホタルイカが手に入らない場合は、茹でたものでもOKです。
とってもお勧めなので、ぜひぜひ作ってみてくださいな




ブログランキングに参加しています。
ポチッ!と応援お願いします

お久しぶりです

先日もまた大きな余震があり、
まだまだ怖い思いをされておられることと思いますが、
負けずに頑張ってください。





春が近づくと、こちらのスーパーの鮮魚売り場には
「いかなご」という小さな魚が売られています。
 
いかなごは日持ちしない魚なので、新鮮なうちに
「くぎ煮」という料理にして食べられています。

こちらの地方では、このくぎ煮をおふくろの味として
各家庭で大量に作り
親戚や知人に差し上げるという風習があります。

郵便局のゆうパックには、このくぎ煮が500円で送れる
タッパ付きのレターパックまであるんですよ-

今年は私もこのくぎ煮に初挑戦
 
 
材料は、いかなご1kgに対して
醤油:200~250cc  中ザラ砂糖(ざらめ):250g
酒:100cc  みりん:少々  生姜:50g

決め手はこの生姜かなぁ~
 
いっぱい入れると風味が良くて、私は好き


鍋に調味料とざらめを煮立て、
皮つきのまま千切りにした生姜を入れます。
 
再び煮立ったら、さっと洗ったいかなごを入れ
強火で一気に煮立てます。
 
アクを取り、穴を開けたアルミ箔で落し蓋をして
約30分煮ます。
 
この時、ふきこぼれないように注意しないと
ガスレンジが大変なことになります...
私はやっちゃって後の掃除が大変でした

煮汁が見えなくなったら弱火にして
煮汁が少し残る位まで煮詰めて火を止める。

そのまま冷ましたら出来上がりです。



くぎ煮のポイントは、
いかなごを鍋に入れる時、一度にドバッと入れない事。
パラパラと少しづつ入れてください。
そしてもうひとつのポイントは、
絶対に箸などでかきまわさない事。

もちろん各家庭で味も違うし、ツヤを良くするために
水あめなどを使うお家もあるみたいですよ。

甘辛い味付けと生姜の風味が
あったかご飯にとっても合うんですよ
 
いかなごを煮た姿が釘みたいに見えません?
だから「くぎ煮」って言うそうです。

卵焼きで包んでもおいしいです
 
でもホントは、ちょっぴり失敗しちゃったんだよねぇ~
ちょっと柔らか過ぎちゃった
本当はもう少し固めに仕上がると完璧なんです。
来年は頑張るぞ




ブログランキングに参加しています。
ポチッ!と応援お願いします

 
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
プロフィール
HN:
カー
性別:
女性
自己紹介:
のほほん。。。と
気ままに書いてます。

食べるの大好き!
旅行大好き!
ワンもニャンも大好き!
最近は懸賞生活も頑張ってます。
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新CM
[08/05 Aleksiitex]
[05/04 めんたい]
[04/21 Krausmr]
[04/03 Panteraot]
[03/14 めんたい]
[10/12 めんたい]
[10/12 めんたい]
[10/07 dolphin]
バーコード
ブログ内検索

【メールはこちら】
↓ヾ(*^▽^*)o

Powered by NINJA TOOLS

最古記事
カウンター
お天気情報
Copyright ©  のほほん。。。カー日記  All Rights Reserved.
*Material by *MARIA  / Egg*Station  * Photo by Kun  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]