忍者ブログ
♪ご訪問ありがとうございます♪ 日々のできごとを、のほほん。。。と書いてます
 1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  7 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

鹿児島2日目は、桜島へ行ってみました。
鹿児島港から桜島港までは、フェリーで約15分。
でも、
毎日11時5分に『よりみちクルーズ船』が出航していて
約50分かけて錦江湾を南に下って寄り道しながら
桜島に渡ることができます。


海上から見る桜島は迫力があります。


この日のお天気は曇り
すっきりとした桜島の姿は見られませんでした
タクシーの運転手さんが言ってましたけど
この時期は、お天気でもすっきりと遠くまで見られることは
少ないそうですよ

桜島で一番の目的は
ふるさと観光ホテルにある『龍神温泉』です。

日帰り入浴とランチがセットになっているコースがあるので
事前に予約を入れておきました。

温泉の源泉で炊き上げた釜飯が頂けるランチです。
 
写真は撮っていませんが
このセットに天ぷらが付きますよ

ふっくらと炊きあがった釜飯は、
あっさりとした薄味に仕上げています。
 
山菜たっぷりで、素朴な味がイケました

この龍神温泉は、私が行きたかったところ。
 
温泉の中に鳥居があります。
鳥居をくぐると
40人ほど入れる広い露天風呂がひろがります。

神が宿るとされる樹齢210有余年のアコウの樹の根本から
湯が湧出しているという龍神温泉は、神秘のパワーが
感じられる場所です。

龍神様が宿っている露天風呂は、聖域とされているので
専用の浴衣を着用します。


混浴なので、両親も一緒にのんびり
 
解放感溢れるロケーションで、心身ともにリラックスできます。
この日の眺めはイマイチだったけど、
目の前に広がる錦江湾を眺めながら入る温泉は
格別だと思います。

想像以上にパワーを感じられる温泉で、大満足です
ここは、また来たいな。。。

帰りのフェリーの時間まで、溶岩なぎさ遊歩道にある
全長100mの足湯(無料)を楽しみました
 
海を見ながらの足湯はサイコーでした。

急に決めた記念旅行でしたけど
両親はとっても喜んでくれて、私まで嬉しくなっちゃいました。
素敵な金婚式のお祝いになりました




ブログランキングに参加しています。
ポチッ!と応援お願いします
PR
お久しぶりです
いつものことですが、 すっかりご無沙汰しちゃいました

今年は私の両親の金婚式だったので、今月の14日、15日に
一緒に記念旅行に行ってきました。
行先は鹿児島指宿。
母が砂風呂に入ってみたいと言っていたので。

無理をせず、の~んびりと鹿児島を堪能してきました。
新幹線さくらに乗って、 鹿児島中央駅には、お昼に到着。
まずは、黒豚のしゃぶしゃぶでランチ
選んだお店は、駅から徒歩3分ほどの所にある『寿庵』


ここで有名なのは、塩で頂く『黒豚の塩しゃぶしゃぶ』

いろ~んな塩で楽しめちゃいます。

鹿児島を代表する六白黒豚を使しています。

鍋のスープを少し器に入れてお好みの塩を加えて
しゃぶしゃぶしたお肉を付けて頂きます。
いろんな味が楽しめるし、あっさりなので
どんどん食べられちゃいますよ
とっても美味しくてお勧めです。

指宿へは、竜宮伝説をモチーフにした人気列車『いぶたま』に
乗って向かいます。
指宿に到着すると、玉手箱を開けたイメージで
列車の屋根からミストの白い煙がでたりという
ユニークな仕掛けがあったり、
見た目も楽しく なっちゃうお勧め列車です。


車内はとってもユニーク


こんなカウンター席に座って


桜島を見みたり


綺麗な海を見ながら、の~んびりとくつろげますよ。


この列車、1日3便で全指定席です。
人気なので早めの予約をお勧めします。

念願の砂蒸し風呂は、めちゃくちゃ気持ちよかったですよ。


私はすっかり砂風呂の魅力にハマっちゃいました
思った以上に砂が重かったけど...

ホテルでのんびりした後は、
地元の食材を使った懐石料理を楽しみました

鹿児島といえば、きびなご

このエビも珍しかったけど、名前忘れちゃった


鹿児島牛は、とっても柔らかくてうまうま~


ホテルの露天風呂も堪能して、この日は早めの就寝
念願の砂風呂に入れて、母も上機嫌でした

次の日は桜島で、珍しい温泉に行ってきましたよ




ブログランキングに参加しています。
ポチッ!と応援お願いします
今年も行ってきましたよー
サイクルモード インテックス大阪へ

 

 
PEUGEOTには
こ~んな素敵な自転車が展示されてましたよー 
 

タイヤはピカピカでカッコよかったなぁ~ 


水玉模様の可愛い自転車もありましたよ
 

今年も安田大サーカスの団長が来てましたよ。
そして他にも、この世界では有名な方達がいっぱい

この人は今中大介さん
 
日本人で初めてツールド・フランスに出場した方です。

握手会されてたこの方も有名なんですよー
 
名前忘れちゃったけど

有名選手が実際に着用したウエアや自転車も展示されていて
好きな選手だったらテンション上がっちゃうこと間違いなし!


そして、
今年も高い自転車にも試乗させていただきました
 
フーは、楽しそうに色んなタイプの自転車に乗ってましたよー

私も購入予定にしている自転車の試乗をしてみたりと、
今年もサイクルモードを楽しみました

最近は忙しくて自転車もなかなか乗る機会がなくて…
こんなイベントに来ると、もっとたくさん自転車に
乗らなくっちゃなぁ~と反省しちゃいました。
でも、ずいぶん寒くなってきちゃったな。。。




ブログランキングに参加しています。
ポチッ!と応援お願いします

ユニバーサルスタジオジャパンは、
今年で10周年

久しぶりに楽しんできました


青空!がいい感じ


昼は熱狂のハロウィーン・パレード
 
日替わりでいろんなゲストがやってきますよ。
この日は雨上がり決死隊の宮迫さんでした。



 
キィティちゃんは、とってもキュート

 
ノリノリの音楽で楽しいパレードでしたよ

10周年のユニバーサルは
 
恐竜もお散歩しちゃいます。

会えるとラッキーになるというモッピーもいたり。


盛りだくさんのイベントがありますよー

夜は初のハロウィーン・ホラーナイトが
週末に開催されています。
が、
人が多すぎてゾンビがどこにいるのか分かりづらい
アメリカ本場のホラーナイトを体験したけど
ぜ~んぜん違うーー
本場は数倍、
いや、
数千倍怖かったですぅーーー
しかも、子供はNGという徹底ぶりでした。
本当に怖かったんですよー

ま、
そんなに怖くしたら人が来ないかもよね~(笑)

夜はマジカル・スターライト・パレード


我が家は初めての年間パスを買っちゃいました
1年間は頑張って行きますよー
いろんな情報をお届けしますね



ブログランキングに参加しています。
ポチッ!と応援お願いします

 

大阪駅がリニューアルされて、今までよりも便利なって
新しいお店も登場したんですけど...
まだまだ週末には大勢の人で賑わっているらしい。



でも、どんな美味しいお店が増えたのか気になるので
気になるのはそこかぃ!(笑)
行ってみましたよ

たしかに、すごい人、人、人...

これは飲食店も混むだろうなぁ。。。
って、
心配するとこはやっぱりこれなのよぇ アハハ

ランチはお得に食事ができるので、
一度いってみたかった「吉兆」にしてみました。


12時前に行ったけど、すでに列が…
30分ほど待って店内へ。



私は「吉兆浪花風流膳」にしました。
季節の小鉢二種
 

煮麺(そうめんでした)と鯛棒ずし


デザートはこれだけど、何だと思いますか?
 
茄子ですよー
これが美味しい 茄子とは思えない美味しさです。

フーは「瓢箪弁当」をオーダー
 
可愛いひょうたんの形をしたお弁当箱がいいですねぇ

先付 お造り2種


椀 真丈
 
このお吸い物、フーが絶賛しておりました。

瓢箪弁当を開けてみると

八寸


揚げ物


炊合
 
などが入っています。

デザート
 

どの料理もお出汁が効いていて、
繊細でとってもお上品な味わいでした。

お子ちゃま口の私には
このくらのコメントしかできましぇ~ん



ブログランキングに参加しています。
ポチッ!と応援お願いします

♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
プロフィール
HN:
カー
性別:
女性
自己紹介:
のほほん。。。と
気ままに書いてます。

食べるの大好き!
旅行大好き!
ワンもニャンも大好き!
最近は懸賞生活も頑張ってます。
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新CM
[08/05 Aleksiitex]
[05/04 めんたい]
[04/21 Krausmr]
[04/03 Panteraot]
[03/14 めんたい]
[10/12 めんたい]
[10/12 めんたい]
[10/07 dolphin]
バーコード
ブログ内検索

【メールはこちら】
↓ヾ(*^▽^*)o

Powered by NINJA TOOLS

最古記事
カウンター
お天気情報
Copyright ©  のほほん。。。カー日記  All Rights Reserved.
*Material by *MARIA  / Egg*Station  * Photo by Kun  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]